取り付けできるドア

電気錠・自動ドア用ベリキー対応ドア

電気錠ドア

壁にカードリーダーや暗証番号キーのあるドアには「電気錠」が使われています。

 電気錠ドアについて

自動ドア

オートロックタイプのドアに。ロックのないドアには電気錠を追加して設置します。

一般ドア用ベリキー対応ドア

ドア面にカギがあるドア

手動のカギのドアで、シリンダーが独立したタイプに後付け設置できます。(対応錠種のみ)

取り付けできないドア

電池式のカギのドア

カードリーダーや暗証番号キーがドアに付いているものは、電池式の錠前なので設置できません。

ドアノブに鍵があるもの

手動のカギがドアノブやハンドルに付いているものには、後付け設置できません。

電気錠と一般のドアの違いについて

見た目ではわからない電気錠ドア

手動でカギを開けるドアも、電気錠ドアも、カギ自体はドアの中にあるので外から見てもわかりません。
電気錠ドアの場合は、カードキーなどでカギを開けることができ、車のカギのようにボタン操作などで素早く解錠できます。
「ドアの横にカードリーダー等がついている」場合、そのドアには電気錠が使われていることが多いです。

ドアによる機能の違い

手動のカギのドア
(金属カギ)
電気錠ドア
(カードキー・リモコンなど)
カギをさして開ける
ダブルロックは2ヶ所を解錠
タッチ、ボタンなどでカギを開ける
ダブルロックでも1回の操作でOK
カギを無くしたら、ドアのカギをまるごと交換無くしたカギを使えないようにできる
カギのオートロックはできないカギのオートロック有 / 無を設定できる
金属カギの一般ドア

カギを差して開けるので、ダブルロックだと2ヶ所を操作。
カギを無くしたら、ドアのカギをまるごと交換が必要になることも。

カードキーなどの電気錠ドア

タッチやボタンでカギを開けるので、ダブルロックでも1回でOK。
カギを無くしても使えないように出来たり、ドアを閉めたときのオートロック設定ができる。

入室管理で使われるカギについて

入室管理するなら、カードキー・スマホで

金属のカギや暗証番号キー

誰がカギを開けたのか知ることが出来ません。
合カギを作ったり、簡単に教えたりできるので、不特定の方にカギを渡す場合は適していません。

カードキー・スマホ鍵

鍵を開けた人ごとに記録できるので、事故時に調査したり、不正の抑止効果が期待できます。
もし鍵を無くしても利用者ごとに無効化できるので、ドアの鍵交換をする必要がありません。

カードキーとスマホ鍵の違い

カギの発行、返却の仕方

カードキースマホ鍵
カードを用意すれば誰でも使える
スマホが必要
人数・鍵の発行が多い施設で事務作業が負担
スマホへまとめて鍵を発行・変更・削除できる
カードの準備や記録の確認に、機器操作が必要
鍵の利用記録など、web画面で遠隔管理できる

ベリキーの動作について

ベリキーを設置する場所

ドア近くの室内壁に取り付け

壁越しにスマホと通信できるので、ドア周辺の壁に設置します。設備スペース内などにも設置できますが、ハンズフリー自動解錠をご利用の際は、なるべくドアの近くに設置してください。
 詳しい設計・施工情報

どのくらい離れて解錠できるか

スマホの性能にもよりますが、多くのスマホの場合で障害物がなければ15mくらいの距離で解錠できます。

金属板の外壁やボックスは電波を通しません

通信電波は「金属」を透過できないので、ドアと壁の両方が金属板の場合や、金属製のボックス内にベリキー本体を設置するとスマホと通信できないことがあります。
設置場所の選定についてご不明な場合は、弊社までご相談ください。

他のカギの使い方

金属のカギ、カードキー、リモコンキーも一緒に

電気錠ドアに後からベリキーを設置した場合でも、元々お持ちのカギはそのまま使えます。
カギの使い方や動作に影響はありません。

オートロックなどは電気錠ドア側で設定

ドアを閉めた時にカギを自動で閉めるオートロックなど、ドア側の設定には影響しません。オートロック有無のどちらでもご利用いただけます。

セキュリティについて

カギを発行できるのはカギの管理者のみ

カギの管理者とは?

ベリキー ビジネスタイプの場合、カギを発行できる3名分のアカウントをご利用いただけます(オプションで追加可能)。専用のweb画面でログインして、利用者のスマホへカギの発行などができるようになります。

複数の施設のベリキーを管理する場合、アカウントごとにカギを発行できる施設を指定する事ができます。

カギの発行は2重認証

カギを発行するには、アカウント作成時に登録したEmailでワンタイムパスワードを受信する必要があります。
もしカギの管理者のパスワードが他人に知られても、Emailを受信できないのでカギを発行することは出来ません。

だれでも安全に使える仕組み

パスワードが盗まれても大丈夫

アプリを使う人によっては、パスワードが他人に知られてしまうこともあり得ます。

ベリキーでは、もし他のスマホでアプリにログインしても、カギとして使えないようになっています。重要なデータは利用者様のスマホ内部に保存しているので、カギとして使えるのは利用者様のスマホだけです。

もしスマホをなくしたら?

オーナーが、アプリのカギの遠隔削除を操作できます。
また、スマホの故障で通信が出来なくなった場合など、ベリキー本体の操作で個別にスマホの登録を削除することも出来ます。

見えない電波を安全に使う

スマホで安全に通信

カードキーなどと同樣に、スマホも電波通信でカギを開けます。
スマホの場合、公開鍵暗号(RSA)、共通鍵暗号(AES)、SHA-2などの高水準のセキュリティ技術を使用することができます。そのため、カードキーやリモコンに比べ、さらに安全性の高い通信が可能になっています。

リレーアタックにも対策済み

車の鍵で問題になっているリレーアタック。電波を操作して不正に解錠する方法で、海外では以前から報告されています。
車の鍵や単純なリモコンと違い、スマホは電波の強度測定や比較をすることができます。仮に不正な電波を受けたとしても、解錠場所から離れている場合は自動解錠しないようになっています。